出会いはある意味心理戦

弱みに付け込んで相手を陥れるという事ではありませんので、勘違いしないで下さい。

セックスフレンド掲示板は、ある意味心理戦です。

相手(女の子)に借りを作ってしまったらサイトでのメールのやり取りがあなたのペースではなくなってしまう時もあります。

そうすると直メを聞くタイミングや会う約束が切り出しにくくなる時もあるので気を付けてください。

相手(女の子)に貸しを作ればあなたのペースでセフレ掲示板でのメールのやり取りがあなたのペースで進むことも可能で、物事を頼む等色んな面であなたに話が有利に進む時が多いです。

ただ、掲示板での会話にテクニックさえあれば、わざと相手(女の子)から借りを作り、自分の有利な方向に話を進めることも可能です。

現実とネットでは違いはあるけど人へのアプローチのテクニックは似ている部分はたくさんあります。

自分の投げかけた言葉に対する女の子の反応を良く観察していけば、出会う為の攻略法となるより良いアプローチテクニックが得られるはずです。



月別利用率

職業によって出会い系サイトを利用出来る時間帯は違う。
職業別に分類する事は最近、職業形態・生活形態がかなり細分化してきている為、かなり難しいが、就いている職業によって又、職場の環境、労働環境により、セックスフレンド掲示板を利用する時間帯はかなり違ってくる。

OLであっても、職場や私用でPCや携帯を使える環境にあり、会う目的であれば、午前中にアポを取り、退社後会える段取りを組もうとするOLもいるし、又全く違った出会い系サイトの使い方をするOLもいる。

学生は学校やバイト先から掲示板を利用して学校やバイトが終わった後に会う目的でという学生もいれば、全く別の目的で利用する学生もいる。

★月別の掲示板の傾向

1月

激減) 1月上旬特に正月、元旦低い。
増加) 1月3日過ぎから増加。
増加) 冬休みが終わるまで掲示板利用が高い
減少) 冬休み終了。掲示板利用が低い。
増加) 掲示板の利用が微量ですが増加 激減(成人の日)掲示板利用が低い。
増加) その後バレンタインデー・ホワイトデーに向けてか掲示板利用が徐々に増える。




2月

増加) バレンタインデー・ホワイトデーに向けてか掲示板利用が高い。
激減) 2月14日バレンタインデー当日激減。
増加) 2月15日バレンタインデー直後から増加




3月

増加) ホワイトデーに向けてか掲示板利用が高い。3月3日「雛祭」意外に狙い目
増加) 3月春休みと就職進学を控えている人たち一人暮らしをはじめる人達により利用が高い。




4月

増加) 進学・新卒者(新社会人)に期待。幼稚園・保育園入園で多少子育てから手が離れる既婚女性に期待。お花見シーズン等気持ちが盛り上がる時期。また気持ちを盛り上げたいと感じる時期。




5月

増加) ゴールデンウィークの直前・前半・後半利用が高い。
普通) ゴールデンウィーク中盤と直後は低い。




6月 

普通) 梅雨のせいか利用が低いが、そこそこ感触がいい時がある。
雨、台風がやみ、晴れ出した頃が狙い目。




7月

普通) 前半低い。
増加) 中旬~後半は利用が高い。夏休みに入る学生増加。



8月

激増) 盆休み前までセフレ掲示板利用が高い。
花火大会などイベント多く気持ちが盛り上がる時期。又盛り上げたいと感じる時期。
激減) 盆休み中掲示板利用が低い。
激増) 盆過ぎ出会い系サイトの掲示板利用が高い。




9・10月

普通) 夏休み後から利用は普通。



11・12月

激増) クリスマスに向け増加傾向。
激減) クリスマスイブ・特にクリスマス当日激減。
増加) クリスマス直後少し増加。冬休みに入る学生・OLに期待。
激減) 年末、特に大晦日激減。



サイトの料金Q&A情報

出会い系サイトに関する料金は利用するにあたってもっとも気になることですよね。
まず大きく分けて利用料金のしくみは3つに分けられます。


完全無料で利用できるところ。


有料でポイントを購入して、そのポイントを消費しながら利用するところ


有料月額固定で利用できるところ
などがあります。

※完全無料で利用できるところ。

完全無料と言っているだけに本当にすべてが完全無料で利用できます。
出会い系サイトの利用がはじめての初心者などは、こちらからはじめるといいかも。

悪い点を上げるとすれば、完全無料だけに男性の利用者が多い為
女性を獲得するのにライバルが多くなるということでしょうか。

また完全無料で運営している出会い系サイトは広告収入でサイトを運営しているものが
ほとんどですので、少なからず広告メールが送られてきます。

しかし完全無料のセックスフレンド掲示板などはフリーメール(無料のメール)で登録できる出会い系サイトが
ほとんどですので利用する前にあらかじめフリーメールを作っておけば
広告メールが送られてきてもまったく問題ないでしょう。


※セフレ選びをポイント使って利用するタイプ。

このタイプの出会い系サイトは行動を起こすたびにポイントを消費して利用できるものです。

例をあげて説明しますと、Bさんのプロフィールを見ようとすると何ポイント
Aさんにメールをすると何ポイント消費など、ご自分が持っている
ポイントを使いながら利用していくものです。

このタイプの出会い系サイトに無料登録したら、はじめに何ポイントか
もらえるサイトがほとんどですので、そのポイント分だけ使うなら
完全無料ということです。

ポイントがなくなり、まだ利用を続けたいなら有料でポイントを買って
下さいね。という感じです。

ポイント制ということもあり完全無料の出会い系サイトよりは
若干、男性の利用者は少ないようです。
また、広告メールが送られてきてもいいようにここでも
なるべくフリーメールでの登録をオススメします。



※定額制の出会い系サイト。

こちらは名前通り、月に決まった金額を払えばその月の利用は使い放題です。
定額制の出会い系サイトは上記2つの料金形態に比べて男性の登録数がもっとも少なく
やっと男性と女性の比率が1:1になったという感じです。

だいたい男性が利用するのに会員費が月1000円から2000円くらいが多いようで
女性は無料で利用できるサイトがほとんどです。
ここの強みはお金はかかるけど競争相手がもっとも少ないということでしょうか。
出会い系サイトに限らず、セフレ関連のサイトにもこのタイプはあります。

上記にあげた他にも様々な料金のしくみがありますので利用する際は
ご自分でしっかり確認することがもっとも大切なことです。